足 脱毛 種類

足の脱毛の種類と方法

足の脱毛には、どのような種類と方法があるのでしょうか。

 

まず、手軽に自宅でできるのは、剃刀や毛抜き、脱毛テープを使用しての脱毛です。
この方法で足の脱毛をしている人は、多いのではないのでしょうか。

 

何より費用が安く済むのはうれしいですよね。
ただ、これらの方法は、肌への負担も大きく肌トラブルを招きやすいので、気をつけましょう。

 

ちょっとお金をかけてもよい人には、脱毛サロンや医療機関で行う脱毛がお勧めです。
肌への負担も少なく、自己処理より断然きれいな肌に仕上がります。
脱毛方法は以下の3種類があります。

 

1.レーザー脱毛

 

まずは、美容外科や皮膚科のような医療機関で、医師免許のある人しかできないレーザー脱毛です。
レーザー脱毛は、脱毛効果も高く、永久脱毛も可能です。
特殊な光を照射して、肌に負担をかけることなく、毛の組織だけに反応し組織を破壊します。
このように毛を生えなくするのです。

 

2.フラッシュ脱毛

 

続いて、脱毛サロンで主流となっている光脱毛(フラッシュ脱毛)です。
光脱毛もレーザー脱毛と同じく特殊な光で、毛の組織のみを破壊します。
肌への負担も少ないですし、照射面積も広いので施術時間も短く済みます。

 

3.ニードル脱毛

 

最後にニードル脱毛です。
毛1本1本に電気を流し脱毛していきます。
しかし毛穴1本1本に、針を通すため施術には時間がかかってしまいます。
ですが、確実に脱毛でき、脱毛効果は高いです。
これは確実ではありますが、今は段々とすたれている内容です。
それは痛いからという理由が大きいですね。

 

脱毛の効果が高く永久脱毛をしたいなら、レーザー脱毛やニードル脱毛がお勧めです。
痛みに弱い人には、光脱毛(フラッシュ脱毛)がお勧めです。

 

脱毛サロンや医療機関で脱毛したことがない人は、ちょっと行くのに勇気がいりますよね。
不安のあるの人は、まずはカウンセリングを申し込みましょう。
そこでしっかりと脱毛方法を確認するといいですね。カウンセリングはどこも無料でしてくれるところが多いですよ。
もし合わないなと思ったら、そこで断ればいいのですから。

 

脱毛サロンや医療機関で脱毛すれば、毎日の面倒な脱毛からも解放されますし、肌への負担も少ないです。
お金はかかりますが、確実にキレイに脱毛したい人にはお勧めです。

 

そのほかにも、自宅で出来る内容で

 

4.脱毛ワックス

 

脱毛ワックスというのがあります。
ブラジリアンワックスというのが人気なのですが、水溶性のワックスで肌に負担をかけにくく
成分も砂糖とはちみつ、レモン果汁でできているため安心です。
痛みもすくなく使い勝手も良いですが、キレイに毛が抜けないと何度もやらないといけないので、
根本的な脱毛とはなりにくいのがデメリットです。
結婚式や早急に全身の脱毛をしなくてはいけないという場合には、このワックスは使い勝手が良いです。

 

5.脱毛クリーム

 

脱毛クリームというものがあります。
これは、チオグリコール酸カルシウムという成分が入っていることにより、ムダ毛を弱めて抜けやすくするという代物です。
除毛クリームとは違って、毛をちぎるというような役割ではないということです。

 

脱毛の種類のまとめ

脱毛方式 内容 痛さ
フラッシュ脱毛 光で毛根を破壊する 軽く痛い
レーザー脱毛 レーザーの光で毛根を破壊する フラッシュ脱毛よりは痛いケースが多い
ニードル脱毛 毛穴の毛に直接ダメージを与えるので確実性が高い かなり痛い
脱毛ワックス 毛を抜くことをコンセプトにしているため、雰囲気はガムテープで脱毛するのに近い。肌には負担をかけにくい。(水溶性の場合) 軽く痛い
脱毛ワックス 毛を弱らせる。毛根には直接作用はしにくい 痛くはない